弁護士、検察官、判事になるには

弁護士、検察官、判事になるには

日本の中で、免許がないと出来ない仕事というのはいくつかあります。

代表的なものが医者です。

医者になるには、医師免許が必要です。

医師免許を取るには、大学の医学部で6年間勉強して、その後試験を受け、合格する必要があります。

それと同じように、弁護士や判事、検察官といった、法律関係の仕事をするのにも司法試験に合格する必要があります。

法改正に伴い、司法試験は2012年から新しくなりました。

変更点は多々ありますが、変更されたことにより、合格率も変わりました。

合格率は、2013年の試験結果でいうと26.77%です。

約4分の1という狭き門です。

2012年の法改正前の司法試験合格率はもう少し高く、40%台だったこともありました。

司法試験に受かろうと思うなら、その前段階として、合格率の高い大学院に行くことが良いと言われています。

法改正の前後で、試験の受験資格や試験内容など、色々な変化がありましたので、どのように勉強して受験して合格する科は、色々と考える必要があります。

司法試験が変更された

平成18年度、つまり2006年度をもって、司法試験は「旧司法試験」と「新司法試験」に分かれ、平成24年、つまり20012年をもって新司法試験に一本化されました。

ではどのような変更点があったのでしょうか。

第一に、その合格率の低さが挙げられます。

内容は異常なまでに高度で難解、合格までにはかなりの年数が必要とされ、「国家試験の最難関」と呼ばれていました。

現在、国家免許を持つ職業として最難関として挙げられる職業と言えば「医師」と答える方が多数派だと思います。

ですが、その試験の難易度から考えれば、医師免許を取得するための医師国家試験よりも、弁護士や判事、検察官になるためのこの試験の方が、ずっと難しいと言われていたのです。

そのため、合格者も少なく、合格率も低いものとなっていました。

司法試験の合格率

その事態を憂え、合格者を増やし、もっと法曹界に人材を供給すべく、試験が改変されたのです。

しかし、その結果はどうなったかというと、あまり合格率の上昇は見られず、芳しくない結果となりました。